2016年11月09日

サラちゃん。

長いこと放置してすみませんあせあせ(飛び散る汗)
ただひたすらサボっていただけで、
我が家の猫らも私も変わりなく元気です^^;

久々の更新なのに悲しい報告です。
昨夜、スイーツきょうだいのシフォンちゃん改め
サラちゃんが亡くなったそうです。
FIPでした。






IMG_3765.jpg

とってもかわいいサラちゃんに運命の出会いを感じた里親さん。
共働きのご夫婦なので、小さいサラちゃんをすぐにお迎えできないので、お留守番ができる月齢になるまで待つと言っていただき、待ちわびての譲渡になりました。
しかし、譲渡する時点ですでにFIPの疑いがあり、お話もしましたが、「何があってもサラちゃんと暮らしたい」との強いご希望で譲渡しました。
そして、溺愛というにふさわしいほどにサラちゃんをかわいがっていただき、サラちゃんもご夫妻を大好きな家族として幸せに暮らしていました。






IMG_3853.jpg

しかし、FIPの疑いは現実のものとなり、徐々に移動も困難な状況になってきました。
トイレも行こうとするけれどたどりつけずにその手前でしてしまったりする状況に、共働きの里親さんは「留守の間にトイレを失敗して濡れた体のまま動けなかったりしたらかわいそう」と苦渋の決断でサラちゃんを我が家に預けることに。
私がサラちゃんを連れて帰った後、ご夫妻は号泣されていました。
それほどサラちゃんと離れるのがつらかったのです。






IMG_5209.jpg

我が家でのんびり療養中のサラちゃん。
撫でればゴロゴロ言ってくれるし、名前を呼ぶとちょっと口を動かして鳴く素振りをしてお返事もしてくれました。
食べ物は全く受け付けてくれなかったので、里親さんとも相談の上、強制給仕はせず、水分だけシリンジで与えていました。






IMG_5252.jpg

かなり痩せたけれど、たまにこうやってお顔をあげて周りをキョロキョロ眺めたり、少しお手伝いすれば自力でおトイレもできていました。
とても頑張り屋さんのいい子です。






IMG_5263.jpg

実のきょうだいのタルトは何か感じるものがあったのか、よくそばで一緒に寝てくれていました。
そして数日後、里親さんはご夫妻で仕事をやりくりして、サラちゃんのそばに常にどちらかお一人はついていられるように都合をつけてくださり、サラちゃんはおうちにもどれることになりました!
おうちに戻ったサラちゃんは、里親さんのお顔を見るなりパカッと大きなお口を開けて鳴いたのです。我が家で療養中にはそんなこと一度もなかったのに、里親さんと会えてとてもうれしかったのでしょう。
トイレも、私が用意したふちの低い入りやすいトイレではなく、それまでずっと使っていた里親さんちのトイレに歩いていってしたそうです。
もうすっかりサラちゃんのご家族は里親さん、サラちゃんのおうちは里親さんちになっていたのです。
それを見聞きして、里親さんにはとてもつらいとても大変な思いをさせてしまったけれど、サラちゃんにとってはこれがベストだったんだと確信しました。

そして、とても短い間だったけれど、サラちゃんは大好きなおうちで大好きな家族に囲まれてこの世を去って行きました。
こんなに望まれ愛されて幸せになれたのに、どうしてこんなに早くにこの世を去らなければならなかったのか、自分の無力が悔しいです。



里親さま、本当にありがとうございました。
サラちゃんもおつかれさま。
ゆっくり休んだら、今度は健康優良児でパパママのところに戻っておいでね。




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村




ニックネーム DREAM at 13:02| Comment(5) | スイーツきょうだい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

マカロンその後。

続きまして、トライアル中のマカロンちゃんのその後。
ファーストコンタクトがあまり良くなかったので、
仲良くなれるか心配していましたが、






IMG_5352.jpg

先住お兄ちゃんが、「これはお友達だ」と気付いたのか、
急速に接近。
鼻チュー揺れるハート
マカロンちゃんは最初にうなられたので、ちょっと警戒^^;
でも、基本、猫も人も大好きなマカロンちゃんなので、






IMG_5351.jpg

すぐそばで添い寝ハートたち(複数ハート)
先住お兄ちゃんの優しさに気付いた模様るんるん






その後、

IMG_5350.jpg

ママさんのお布団で一緒に寝る眠い(睡眠)
さらに、






IMG_5348.jpg

猫団子〜ぴかぴか(新しい)
ていうか、マカロンちゃん、お兄ちゃんのこと、
クッションだと思ってない?
「こっち向くな」的なお手手が……たらーっ(汗)
予想通り、マカロンちゃんのほうが強くなってしまったようですあせあせ(飛び散る汗)
猫お兄ちゃんには強気のマカロンちゃんですが、
人間お兄ちゃんお姉ちゃんにはちょっとまだ警戒気味だそう^^;
スイーツの中では一番人見知りだったからねー。
まあ、他のきょうだいが、
犬並みに人見知り皆無だったのが異常なんだけど。
徐々に仲良くなってくださいな四葉






おまけ。

IMG_5335.jpg

お久しぶりのくるみちゃんの開き揺れるハート
持病の骨軟骨形成異常症が進んでいるのか、
最近、歩くときに右前脚を上げていることが多くなりました。
毛づくろいも寝転がってするので、
終わるとこうして開きになります。
スコティッシュフォールドは繁殖すると、
一定の割合でこういう先天異常の子が産まれます。
産まれてすぐに異常が分かれば即殺処分されます。
処分を免れてもある程度の年齢で発症すれば治療法はありません。
一生四肢の痛みに耐えて生きていかなければなりません。
スコの繁殖は禁止してほしい、というのが私の願いです。






IMG_5336.jpg

こちらは三本足のあんこちゃん。
二階のベッドがお気に入りになりました揺れるハート
彼女の後肢欠損は後天的なもの。
お外の生活で何かがあって失ったと思われます。
お外の生活も過酷です。
絶対にお外に猫を捨てないで。
お外でしか生活する場がない子を増やさないで。
きっと、ここを見てくれている方は十分知ってると思います。
なので、まわりの知らない方にも教えてあげてください。



ちょっと暗い話も書いちゃったけど、
マカロンちゃんは順調にトライアル中るんるん
このまま本当のおうちゲットになるのか、
乞うご期待Good




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村




ニックネーム DREAM at 11:30| Comment(2) | スイーツきょうだい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

ポポ・ミオその後。

お次はトライアルに行ったミオちゃんとポポちゃんのその後。






IMG_5319.jpg

色薄いーず、茶白女子のポポちゃん。
お届け当日から物おじせず、
今ではすっかり自分のペースで新しいおうちになじんでいます。
窓からお外を眺めるのがお気に入りるんるん






IMG_5320.jpg

用意してもらったベッドでぐっすり眠い(睡眠)






IMG_5323.jpg

起きたらハイテンションで一人遊びダッシュ(走り出すさま)






IMG_5324.jpg

楽しそうね顔(笑)






IMG_5326.jpg

おなかがすいたら、お兄ちゃんにおねだりして、






IMG_5325.jpg

ゴハンもしっかり食べてますエサ
そして、問題なくトライアルの一週間が過ぎたので、
めでたく正式譲渡となりましたClap
お名前は、人間お兄ちゃんお姉ちゃんたちの意見がまとまらず、
結局「ポポちゃん」のままになったそうです顔(笑)






お次はミオちゃん。

IMG_5330.jpg

お届け当初は少し隠れたりしたけれど、
三日もすればすっかり元通りのお転婆さんにあせあせ(飛び散る汗)






IMG_5329.jpg

ヘビさんのおもちゃで一人遊び。
もうすっかりご家族みんなのアイドル。
おばあちゃんは一日中ミオちゃんとおしゃべり顔(笑)






IMG_5332.jpg

おじいちゃんは夜、一緒のお布団で寝てくれたのが、
すごくうれしかったそうですが、
次の日の夜はおばあちゃんのお布団に行ってしまいしょんぼり^^;
猫、足りないんじゃないかなー顔(イヒヒ)






IMG_5331.jpg

そんなこんなで、ミオちゃんも問題なくトライアルの一週間が過ぎ、
はれて正式譲渡となりましたClap



二匹ともご家族みんなにかわいがってもらい、
幸せな一生を約束してもらえましたぴかぴか(新しい)
二匹ともお転婆はほどほどにね^^;
そして、健康で長生きするんだよー!!




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村




ニックネーム DREAM at 13:00| Comment(2) | 色薄いーず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする